ホームページ

Third Way Co.,Ltd.

病気と歩む道は、あなただけの物語

~納得して、治療と向き合うために~

事業内容

診察室での医師と患者さんの医療面談を代行して記録し保管するするシステムの開発を行っています。

1)診察室で医師から説明を受けた治療の内容を記録し、

2)自宅に帰ってからの闘病記録を残す

このことで医療関係者や家族とコミュニケーションが円滑になる「ペイシェント・イルネス・ヒストリー™(PIH™)」サービスを提供しています。(以下、PIH™)

「PIH™」は、患者さん人生そのものである病気の経過を、病院での面会内容と自宅での経過を患者さん自身が記録し、保管するシステムです。記録した内容を、ご家族や医療従事者と共有できます。
いろいろな病院で診断してもらい、それぞれの病院にカルテとして治療歴が分散している。これが日本の国民皆保険の現実です。
治療歴、既往症歴を患者本人の立場から一元管理してある仕組みがあると、医療関係者と患者の対話の精度が劇的に向上します。その日に聞いた診断内容を記録しておくことで、本人や家族、担当医師がその履歴を一見化することができるので、実際の診療が短時間で可能になり、より正確な診断につながります。診療の質を高め、診察の時間を効率的に活用できます。

医者との対話時間が限られている(医者が忙しい、病院に多くの患者さんが押し寄せる)、また難しい専門用語で病状やこれからの治療について説明されるために、患者自身が完全に理解できるまで時間がかかり、理解を促すためには第三者の介入が必要です。よりよいコミュニケーションと治療を実現しようにも患者のカルテは個別に各医療機関に保管されているので患者自身は自由にそれぞれのカルテにアクセスできません。自分自身の情報にもかかわらずです。
Third Way株式会社が考える「PIH™」はこうした患者さんの現実と医療関係者をサポートし、医療環境の向上に貢献しようというものです。

サービスの特徴

診察室での検査結果や診断内容を、音声や文字入力で記録できるサービスです。また、弊社で診察室オンライン付き添いのサービスによる代行記録を行います。

記録をスマホの中にいれて持ちあるくことで、医療関係者や家族とコミュニケーションが生まれるため、つらく怖い治療や闘病をシステムを通じて分かち合うことができます。

ご挨拶

病気を治すだけでなく、病気に付き合っていき患者さん自身が積極的に医療に参加することはとても重要なことです。病院だけが医療現場なのではなく、患者さんの意識と日常が本来の治療の場と考えています。

多くの患者さんが医療関係者の話す用語が難しいと聞きます。同じように、医療現場で働く医師をはじめとした医療関係者はかみ砕いて説明している努力をしています。

患者さんと医療現場の双方を助けたい思いから、コミュニケーションの円滑化が医療関係者と患者さんへの貢献、そして日本の医療への貢献につながると考えました。

患者さん自身で医師が言い渡す診断結果を理解し、自分自身の毎日の日常(治療の経過)を記録することで、医療関係者に患者さん側の情報をわかりやすく提供でき、診察室での時間を有効に使っていただけます。PIH™システム開発を通じて日本国民と日本の医療に貢献し、多くの人々のお役立ていただけるよう邁進してまいります。

       代表取締役 太田順子 

経営陣

COO Kazuaki Hayata

       

CPO Kay Fujita Mckalpain
WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう